親知らずを抜く治療ひとつも歯科医師次第

親知らずを抜く治療ひとつも歯科医師次第だと感じています。私は大阪で評判の良い歯医者にあたったからいいのですが、麻酔の注射すら下手な歯科医師もいると、職場の人から聞きましたから。しかも親知らずを抜く前に、私はレントゲンを撮影してもらったのですが、職場の同僚の場合はレントゲンの撮影もなく始められたそうなのです。

それですんなりと抜ける親知らずでしたら、親知らずを抜く治療も問題がなかったことでしょうけれど、同僚の親知らずは根っこの一部が変な方向に向かって生えていたそうで、結局歯茎を何箇所か切開してようやく親知らずを抜くことができたそうです。ですから散々だったとか。

麻酔が効いているうちは大して辛くはないそうですが、麻酔が切れたら痛み止めを飲み続けないとやっていけないぐらいに痛みがひどかったと言っていましたね。痛みを軽減するように、切開も最小限にとどめるように努めなくてはならないはずが…おそらくレントゲン撮影していないから?と、思わざるを得ない感じの歯科医師の治療もあるということで。困った歯科医師に当たらなくて良かったです。