額関節症の原因は、寝ている時だけじゃない!

ある朝、口が開かなくなる経験はありませんか?
私は、朝、起きて、口が開けられないことがあり、近所の歯科医へ、通っていました。
そこでは、歯形を取られ、マウスピースを作成し、寝るときにマウスピースをして寝るように、
指導を受けました。寝ている時の歯ぎしりが原因ということでした。しばらくマウスピースを使用し、寝ていたところ、多少、改善はありました。朝、全く、開かないということはなくなったのと、
仕事の忙しさから、次第に歯科医への足も、遠くなっていました。その後、何年かは、そのまま過ごし、絶対に欠かせない歯科検診の際に、口の開きが小さいことを指摘され、また、口を大きく開けようとすると、顎の骨が鳴るので、大病院の顎関節症科を紹介されました。そこでは、寝ている時だけでは、なく、日常生活のあらゆる場面で、歯を無意識に食いしばっていることが、原因と捉え、第一段階として、どんな時に、自分が、歯を食いしばったかを、1〜2週間、記録をとりました。第二段階は、食いしばった場面で、意識をして食いしばるのやめる。また、口を開ける体操をする。第三段階は、第二段階をルーチンにするというものでした。これで、私は、かなり改善することができました。今では、朝起きて、口が開かないことも、口を大きく開けた時、顎の骨が鳴ることはありません。