歯茎ケアも虫歯ケアと同じくらい大切

若い頃はあまりした事がなかった歯茎チェック。
年も年なので、大阪で評判の歯周病歯医者で定期的にやってもらっています。
歯茎と歯の間には歯周ポケットがあり、そこにゴミがたまってしまうと、
歯茎が下がってきてしまったり、ニオイが発生してしまうとの事。
3カ月に一度診てもらっていますが、毎回、そのゴミにビックリします。
更に衛生士さんにはそんな汚いモノをとってもらっていると思うと申し訳なく思います。
でも、その後の口の中のスッキリ感。
すごく爽やかです。
衛生士さんに診てもらうと、どこにゴミが溜まりやすいかを教えてもらえるので、
自分の歯磨きの仕方チェックにもなります。
何度かそう言った点検を繰り返したところ、
下がり気味だった歯茎が少し改善されたという事でした。
これで、更にやる気も出てきます。
今までは虫歯の事だけでしたが、年をとると歯茎のケアも必要になってきます。
色々面倒な事は増えますが歯茎が下がり続けると、
最終的には歯がグラグラになり抜けてしまうそうです。
そんな恐怖の話を聞くと、面倒ながらも時間をかけて磨こうと頑張ります。