経験して学んだ歯科医選びのポイント

歯科というのは体の他の部位と違って自然治癒を望めません。つまり、歯科治療は自分の治癒能力などに関わらず、すべて歯科医の腕次第ということになります。そう考えると、歯科にかかるときは慎重に選びたいと思うものです。信頼できる歯科医の選び方として口コミを参考にする人が多いと思いますし、実際それで良い歯科医に当たった人もたくさんいることでしょう。

 

けれども、歯科医を選ぶときは歯科医の「価値観」「考え方」に注意することも大事です。最近の歯科治療では出来るだけ自分の歯を残す治療が主流となっていますが、歯科医によってはまだ安易に抜歯をしてしまうところもあります。ぎりぎり歯が残せるかどうかというときに、ダメかもしれないが手を尽くしてみるという考えもあれば、いっそのこと抜歯してしまおうと考える歯科医もいます。

 

そのようなときに患者との考え方が違っていると、不満の残る治療経験となってしまいます。実際、後になってからそんな治療法もあったのかと知った経験もありました。医師にはどんなオプションがあるのか、どうしてそのような治療法を薦めるのかといったことも説明して欲しいし、患者側も質問すべきだと思いました。最終的には口コミに頼らず、自分の考え方と合う医師を選ぶのが大事だと学んだ次第です。

PR|インプラント実績豊富な江坂の歯医者