新しく紹介してもらった歯医者に行って良かった

歯並びによる歯茎の腫れと、顎関節の腫れと痛みの治療のために歯医者に行くことになりました。
もともと自身が通っていた歯医者からの指摘で歯茎と顎関節が炎症していることに気づき、そこの歯医者から新しく紹介していただいた歯医者に通うことになりました。

 

歯茎の腫れによって歯を磨くたびに歯茎から血が出たり、口が大きく開かなかったりすることがありました。
新しい歯医者の歯科医の方がとても親切にして下さり、顎関節のことについて丁寧に教えていただきました。
また、顎関節の治療も兼ねてレーザーを当てていただきました。

 

歯茎の腫れについても歯並びに原因があることが分かったためレントゲンを撮り、歯科矯正をすることになりました。
少し大変だったことは、顎関節の痛みでレントゲンを撮る際に口を大きく開けることが大変でした。しかし、レーザー治療をすることで大分口を開けることが楽になりました。

 

歯並びが気になる方や、両顎が痛いと感じる方は早めに歯医者に行くべきです。遅くなれば遅くなっただけ顎関節の炎症に繋がってしまいます。